日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
首位ファイターズ戦、初戦を快勝!
2015年04月14日(火) 22:56
7連勝などあったりして、首位を走っているファイターズ戦、札幌に乗り込んでの2連戦だが、メンドーサと石川の投げ合いはこのまま9回まで硬直するのではないか、という内容の投手戦だった。

score_20150414.jpg

石川は7イニングを投げて、被安打わずかに3本、7つの三振を奪う好投だったが、メンドーサに対するマリーンズ打線も6回までの18のアウトのうち14の内野ゴロアウトを取られていた。

6回に西川の3ベースと大谷の犠牲フライで先制されたが、7回先頭の今江、井口が連打して、キャッチャー石川亮のパスボールで、2・3塁、クルーズのレフトへのタイムリー2ベースで一気に逆転。
その後スクイズ失敗もあったが、8回にも先頭根元ヒット、荻野貴司はバント失敗の末の2ベースヒットで、前の回と同じノーアウト2・3塁。
角中のセカンドゴロで、根元が三本間には挟殺されて、1死1・3塁となるが、角中の代走岡田が盗塁を決めて、再び2・3塁の形に。
今江のサードゴロで、荻野貴司ホームイン、フィルダースチョイスで、バッターランナーも生き、井口のセンター前ヒットで、さらに1点追加で4-1。
クルーズはこの日3本目となるヒットで、2点タイムリー、2ベースヒットで今日4打点。
最初の打席のヒットも、1塁ベースで転んでしまったのでセカンドまで行かれなかったが、本来なら2ベース3本だったはずだ。

点差がついたので、8回は松永、9回は香月を送ったが、この2人は一人のランナーも出さず、いい形で試合を締めた。

石川は2年めのジンクスどころか、昨年よりもさらに進化したピッチング内容
ishikawa_20150414.jpg

今季は根元、角中、今江、井口に加え、クルーズの打撃が好調なので、心強い
cruz_20150414_2.jpg

これで貯金を2とし、ライオンズが敗れたので、順位としては2位、首位ファイターズとのゲーム差を2.0として、明日からデスパイネがスタメン登場。
指名打者で使う手もあるが、根元が好調なのでそのまま使い、外野手を一人スタメンから落とし、デスパイネを外野の守備につけて、
1 DH 根元
2 8 荻野貴司
3 9 角中
4 7 デスパイネ
5 5 今江
6 3 井口
7 4 クルーズ
8 6 大地
9 2 吉田
でも、いいのではないだろうか?

テコ入れ的には、大地の代わりに中村奨吾をショートスタメンというのも明日が吉川なので、十分考えられる手だと思う。
8番キャッチャーどっちでも、9番ショート中村奨吾でも良いと思う。

スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<打者12人のビッグイニングで快勝 | 日々の雑学 | 打線活発で打ち勝つ>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |