日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
試合内容はひどかったですが、清田、規定打席到達&首位打者に
2015年05月28日(木) 23:28
6回のビッグイニングで試合は決まったはずが、12-3がセーフティリードにならないというお粗末な試合になった。

score_20150528.jpg

6回の得点を振り返ると、クルーズのホームラン、今日スタメンのサブローの2ベース、田村フォアボール、唐川に変わって代打福浦のタイムリー、清田のタイムリー、大地のタイムリー、角中の2点タイムリー2ベース(悪送球間に3塁へ)、今江のタイムリ3ベース、で、10-3になった。

けれども、結果的にはこれでは足りず、7回の根元の3ベースと田村の犠牲フライ、8回の清田フォアボール、大地2ベースからの今江のセカンドゴロの間に1点、この2点の追加点がなければエラいことだった。

点差が開いたので、金森にスイッチしたのだろうが、エルドレッドのタイムリー、會澤の3ランで4失点、松永にスイッチするが菊池に3ランを打たれ2点差まで詰められる。

結果的に勝てたけれども、9点差を詰められるリリーフ陣では、ゲームメイクできない。

さて、本題は、清田である。
今日は5回打席に入り、ヒット、ヒット、フォアボール、ヒット、フォアボールと全部出塁した。
8回のフォアボールの打席で規定打席に達し、今日の3安打で.368となり、柳田をうわまわったので、いきなりトップに飛び込む形で、首位打者争いに入って来た。

kiyota_20150528.jpg

開幕当初から出ている柳田のこの数字はすごいが、清田もこのまま持続してもらいたい
dagekiseiseki_2015_0528.jpg

柳田、中村晃、近藤健介と左バッターと争うのは大変なことだが、頑張って欲しい。

そして、ついに借金は1となった。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<辛勝して借金完済 | 日々の雑学 | イ・デウンは不思議と打線の援護に恵まれハーラートップの6勝>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |