日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
9回2死ランナー無しから、角中逆転満塁弾
2015年06月02日(火) 23:49
劇的な勝利だった。
が、ここで打てるなら、もっと早く打ってくれ、という気もする。
9回に2死まで、ハフマンも代打岡田も、呉昇桓に全然かなわない感じだったのだが、2死から代打根元のヒット、清田の内野安打、鈴木大地がフォアボールを選んで、満塁となって角中。
今季一度も救援に失敗していない呉昇桓から、満塁ホームランで逆転。

score_20150602.jpg

8回裏に今季初登板の上野大樹が、ナイスピッチングで2三振を含む三者凡退に抑えた。
これが上野の今季初勝利につながるのだが、9回表の攻撃にも繋がったと思う。

涌井も、タイガース岩田もどっちも良かったり悪かったりで、両軍とも決定打を欠くという形だった。

清田の連続試合ヒットも9回表、鳥谷が取ったけれども、投げられずの当たりに「H」がついての内野安打で、連続試合安打記録継続。

これで貯金1。
交流戦が終わった時に借金完済出来ていれば十分という思惑だったし、デスパイネ、荻野貴司、古谷と、どんどん怪我をしていっている中で、勝てているのは、非常に大きなことだ。

「なぜかイケる気がした」と言う角中の満塁ホームラン
kakunaka_20150602.jpg
kakunaka_20150602_2.jpg

今シーズンは、キャンプから一度も1軍に呼ばれなかった上野は、どうしてずっと2軍に置いておいたのだろう?というナイスピッチング。
大谷一人に負荷がかかっていたリリーフ陣に上野が加わって、少しでも厚みが出ると良いのだが。
今日も2-3のビハインドでの登板だったので、まだ、勝ちパターンリリーフとして認定されたわけではないのだろうが、益田も良くなく、松永は2軍落ち、西野も本調子ではない中で、上野が1枚加わるのは大きい。
ueno_20150602.jpg

今日終わった時点で交流戦首位は良い眺めだが、防御率の悪さはビックリする。
kouryusen_20150602.jpg

タイガース戦も勝ち越せると大きいのだが。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<今日は田んぼ行けました | 日々の雑学 | 芥川也寸志生誕90年メモリアルコンサートでした>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。