日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
都川での川遊びでした
2015年07月20日(月) 21:15
今日は、毎年海の日恒例の、都川での川遊びでした。

私は、しんがりのスタッフとして、最後尾からの「追い上げ」の係を担当。

2015_0720_miyakogawa_0018_R.jpg
2015_0720_miyakogawa_0034_R.jpg
2015_0720_miyakogawa_0043_R.jpg

千葉市内の泉自然公園に水源を持ち、千葉市内だけを流れて、千葉県庁の前を通って、千葉港に流れ込む都川。
千葉市の顔と言ってもよい河川ですが、上流部の方が排水が入り込んで、水質が良くないのですが、中流域では湧水が豊富で、水質が結構良くなっていて、たくさんの生きものに出会うことが出来ます。

とはいえ、今年はフナの仲間が一尾も取れなかったり、と、年々総数が減っている傾向にある感じはしています。
メダカやタモロコの総数も少なくなっている印象。

千葉市に限らず、千葉県北部は、地形が緩やかなので、台地上面に降った雨水がゆっくりと時間をかけて、谷津や川に染み出して来ます。
集水域である台地上が都市開発されて、アスファルトやコンクリートの部分が多くなって来ると、雨水は降雨直後に濁流として河川に流入し、流れ去ってしまい、その分湧水の染み出しが減ります。
もはや千葉市のこの辺りでは、都市開発は一段落とは思っているのですが、それでも影響は出ているかもしれません。

近年、極端な降雨が多くなっていますが、短時間豪雨による都市水害を防ぐためにも、豊かな水辺環境のためにも、いかに雨水を地下に染み込ませるか、は重要なテーマです。

一昨日に事前準備の草刈りと、深さの下見をして、今日当日も、見守りスタッフの持ち場を決めて行いますので、個人が勝手に遊ぶのには、ちょっと危険のある川です。
川岸も急ですし、水量も結構あり、深いところでは大人でも腰まではあります。

ハグロトンボはたくさんいました
2015_0720_miyakogawa_0032_R.jpg

スポンサーサイト
別窓 | 里山自然 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<久しぶりの勝利 | 日々の雑学 | 久々に田んぼへ>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |