日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
連勝で6カードぶり勝ち越し
2015年07月25日(土) 23:23
このままずるずる落ちて行きそうな気配もあっったのだが、昨日今日連勝し、何とか踏ん張っている。

唐川は4回に3者連続ホームランを浴びて、今日が最後のチャンスと言い渡されていたので、もう終わったかと思ったのだが、6回に下位打線からビッグイニングで勝ち投手になった。

score_20150725.jpg

4回の連続3被弾が、唐川に対する首脳陣に評価にどうでるのか、わからないけれども、これ以上良いピッチャーがいるわけでもないし、7月末の補強期限までに、何かの動きがあるわけでもなさそうだし、2軍のピッチャー含めて現有戦力でやって行くとすれば、今日の状態の唐川でも、ローテで使わざるを得ないように思う。

今日からデスパイネが登録されて、さっそくスタメン4番に入って、初回にタイムリーを打った。
デスパイネが離日するにあたって、デスパイネ抹消の代わりに、1軍に上がって来たのが伊志嶺なのだが、昨日今日と決勝点を叩き出し、存在感をアピールしている。
デスパイネの代わりに誰が落ちるか、と思っていたのだが、唐川もオールスター明けで今日登録だったので、デスパイネと唐川を登録して、代わりに吉田裕太と三木亮が抹消となった。
細谷が上に来たので、三木の出番はちょっと減るだろうし、田村の故障で江村を上げて、いったんキャッチャー3人制にしたが、2人に戻すに当たって、吉田を落とすという伊東監督の選択。
外野手が清田、角中、デスパイネ、伊志嶺、岡田、サブローと6人制になって、中村奨吾をセンターで使っていたのが、信じられない気もする。
その中村奨吾も今日は2ランホームランを打ってアピールしている。
今日はクルーズもマルチヒット、角中猛打賞で、この2人もちょっと底を脱しただろうか?
久々スタメンの井口さんにも2ベースヒットが出て、今日のスタメン打線は結構いいかも、と思える。

左のファーストが、根元、福浦、大松の3人カブっているのだが、ここも簡単に落とせない気はする。

ishimine_20150725.jpg

今日の夕刊フジに、スワローズから今シーズン開始前に清田がトレード話があって、代わりに先発クラスのピッチャーを、という話だったのを蹴った、という記事が出ていた。
今季清田は、キャンプオープン戦ともに、一度も1軍には呼ばれていなかった状態の時である。
ジャイアンツが大松を獲りたいらしく、代わりにそれなりのピッチャーを、という記事も出ていた。
ドラフトでは昨秋もドラ1は中村奨吾で、野手余り気味、先発・セットアッパーともに、全くコマ不足なのは、ドラフト上位で野手を獲り続けて来たツケであり、藤岡の誤算はあるにせよ、編成のポリシーがおかしいのである。
どこかで帳尻を合わせないといけない。
怪我が癒えて2軍戦に出始めた荻野貴司、ポテンシャルはとても高いことはみんながわかっている加藤翔平がいても、清田も伊志嶺も良い働きをしている中で、使う場所がないでないか。
一方で、投手はとにかくコマ不足である。獲って来ていないのだから仕方ない。
ドラゴンズ大野、イーグルス塩見のように、競合なしのドラ2で一本釣りで獲ったピッチャーもいるのだが、藤岡、石川は競合の当たりクジを引いてはいるものの、隠れた逸材を密かに撮るスカウト力は、他チームの後塵を拝しているだろう。
特に、千葉県出身者の下位指名での取りこぼしは、実に残念である。
ファイターズ上沢直之、バファローズ西野真弘、特にファイターズ近藤健介などは小学校時代に千葉ロッテマリーンズジュニアにいた子である。
上沢は6位、西野は7位、近藤も4位指名である。
こういう選手を他チームに下位指名されるのはスカウトのボーンヘッドだろう。
生粋の千葉っ子であるカープの丸佳浩も高校生ドラフト3位指名であり、決して多くの球団がこぞって取りに行ったわけではない。

上位指名は、大物取りに行くには仕方ないが、下位指名で千葉の子を取りこぼすのは、返す返すも残念である。


スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<大嶺祐太完封で3連勝! | 日々の雑学 | 久しぶりの勝利>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |