日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
ブランコ
2016年10月30日(日) 18:26
君のことを誤解してたんだ
僕を知らないと思ってたんだ
十分距離を置いていたつもりが
ずっと僕は見られていたのか
一つ空いた端っこのブランコ
風のように偶然座って
こぎ始めてしばらくしてから
いつもここにいるのねと言った
ゆらりゆらり揺れてたから
君の声が夕焼けに
吸い込まれてしまいそうだ
今僕も
ゆっくりブランコこぎながら
追い付こうとしたよ
あと少し
もうこれからは言葉なんか何もいらない
前へ後ろへ
僕らはただ空を泳いだ
恋について考えたことも
君が愛しいと思ったことも
小さなため息に変えたけど
いつか君と話してみたくて
秋の終わり枯葉が舞う頃
帰り道に何度も通って
あのベンチで誰かを待ってる
君をいつも遠くで見ていた
なぜか今日は寂しそうだ
長い髪がたなびいて
誰かが描くデッサンみたい
一人きり
心はブランコ乗らないまま
歩いているんだね
あの道を
ほら星空がこのつま先の向こうに広がる
僕でいいならこのまま一番そばにいるから
もうこれからは言葉なんか何もいらない
前へ後ろへ
僕らはただ空を泳いだ
スポンサーサイト
別窓 | 乃木坂46 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<君に贈る花がない | 日々の雑学 | サヨナラの意味 >>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。