FC2ブログ
日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
高校生ドラフト
2006年09月25日(月) 23:54
本日、高校生ドラフトがあった。

マリーンズは唯一、一巡目指名予想が、新聞記者にも他球団にも、全くわからない中でのドラフト指名だったので、バレンタイン・サプライズがあるのか?と思っていたが。

やはり、あっと驚く、ソフトバンク単独指名濃厚とされていた、八重山商工の大嶺くんを指名。
oomine-3.jpg


ボビーはくじ引きでもパフォーマンスたっぷり。

見事、当たりくじを引いたボビーだったが、大嶺本人もこれはサプライズだったと見えて、記者会見では微妙なコメント。

oomine-2.jpg

しかし、高校生ドラフトは「プロ志望」と意思を明確にしている選手だけが俎板に乗っているのであって、「プロ志望」というからには12球団どこでも志望、という意味で出しているはずである。
駒苫、田中将大投手のように、堂々たるコメントが欲しかった。

大器ながらも精神面の弱さを指摘されていた大嶺だけに、やはりこのピンチで動揺が素直に出るところは、田中将大との差として、図らずも表面に出たという形か。

バレンタインが石垣島に交渉に出向くそうだから、何とかなるのではないかと思うが。

これまた、12球団唯一、希望枠を行使しなかったマリーンズだけは2巡目指名があり、横浜高校の佐藤賢治外野手を指名。
satoukenji.jpg

彼も俊足、強肩、広角にやわらかなバッティングながら長打力もある、という選手だけに楽しみである。
外野手は、昨日、兼司去り、今日、賢治来る、という図式か。

3巡目も、どこかがハズレ1位で指名してもおかしくなかった札幌日大の黒滝将人投手。

大嶺の動向次第だが、近年にない、大物揃いの注目の高校生ドラフトだったが、マリーンズはよくやった、というところか。

ドラゴンズが、競合した堂上を見事に引き当て、さらに、3巡目最後まで何故か残っていた、横浜高校の大型捕手・福田くんをしっかり指名したあたり、ドラゴンズは良いドラフトだったのではないか。

しかし、アスレティックスをお金を使わずに如何に強くしたかが書かれたベストセラー『マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男』の主人公、ビリー・ビーンの補強策に、「高校生は絶対にドラフトで指名しない」というのが、彼のいくつかの鉄則の中にある。
ギャンブル性が強すぎる、というのがビリー・ビーンの考え方で、高校生は、どうなるかわからない。

選手の流動性の高いメジャーリーグとジックリ育てる日本の野球とでは違いますけどね。
日本の場合、選手の流動性が少ないですから、青田買いのリスクもある程度取っていかないと。
スポンサーサイト
別窓 | 千葉ロッテマリーンズ プロ野球日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<宮尾登美子 著「天障院篤子」〈上〉〈下〉を読む | 日々の雑学 | 諸積兼司 引退>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。