FC2ブログ
日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
続 女系天皇問題(女系宮家問題)
2005年10月30日(日) 23:43
女系宮家問題、といっても、ピンと来ないかもしれないが、女性皇族が婚姻しても宮家を立てて、皇族に留まる、という方向で議論が進んでいる。

この典範の改定がいつ行われるのか、非常に微妙な問題だと思われるのは、直宮であった、紀宮清子さまが、皇籍を離れられた。
で、改定されると・・・
三笠宮彬子女王は、1981年生まれだから、もう24歳。妹の瑶子女王も1983年生まれであるから、22歳。
高円宮家の3姉妹も、もうすぐ20代を迎えられる。
彼女らは皇族に留まるということになるが、彬子女王以下の皇配選びは、これは、大変な事業になるだろう。

なにやら、愛子さまの旦那の時に心配すれば、良い様に勘違いされている人もいるかも知れないが、女性継承を容認するということは、現在24歳の女性皇族の配偶者を決めなければいけない話である。
ただの一般人が、突然、皇族になるのですよ。
もしかしたら、数年先の問題ですよ。

心の準備はできてますか?

私には、まだ心の準備はできてません。

彬子女王の伯父は、あのヒン曲がった口で、イヤミを言う麻生太郎総務大臣である。

なにやら、藤原鎌足や、藤原道長、平清盛のようなキナクサイ気配が漂う話なのである。
女系宮家問題は。

全然違う話だが、お笑い芸人が、次々と美人女優・アイドルと結婚しているご時世である。
まあ、犯罪者等はハネられるだろうが、彬子女王も「え”え”-、マジカよ!」という人物と恋に堕ちられる可能性もある。

当人同士の意思を尊重して、というご時世だから、「え”え”-、マジカよ!」という人物でも、突然、皇族になれるのである。

私はこの抵抗感の方が、縁は遠くても、徳大寺分家の線を少しでも議論していただきたいものだと思うのである。

男性皇族のお妃でさえ、なかなか成り手がいないのである。
ましてや、女性皇族の皇配殿下になっても良いという奇特な方はいるのだろうか。

そしてさらに言えば、自ら「皇配になりたい」と思っている輩が、皇配に付くということの恐ろしさを考えると、身が竦む。
スポンサーサイト



別窓 | 雑感日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<続々 女系天皇問題 | 日々の雑学 | 女系天皇について(女性天皇ではなく)>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |