FC2ブログ
日々の雑学 ●●●
日々、ふと思ったことを書いていきます。   ・・・千葉ロッテ・マリーンズ、菅野よう子、再生可能エネルギー、自然環境、里山、棚田、谷津田、日本近世史、歴史小説、時代小説、クラシック音楽、・・・などなど。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
今日は梨狩りに行く
2008年10月12日(日) 22:19
千葉県内には市川、松戸、鎌ケ谷などに、梨の一大生産地がある。

娘の秋休みのレジャーとして、地元千葉の秋の味覚、鎌ケ谷に梨狩りに出かける。

ちょっと時期が遅いので「幸水」「豊水」などは終わっていて「新興」という品種だ。

0810120006_600.jpg

もぎたての梨はナイフを入れると果汁がほとばしり出る。瑞々しさが青果店で売っているものと全然違う。

0810120007_600.jpg

食べ放題で入場料が一人900円。

青果店で売っているものをベースに値段の元を取ろうとしたら、一人10個は食べなければならない計算だ。

いくら美味しくておなかがすいていても、梨を10個食うというのは至難だ。
レジャー代と割り切って考えるしかないということなんだろう。
それでも3人で10個は食べたかな。

田園の気分の中、自分で美味そうな梨を選びながら梨園を散策し、もぎたての梨を食べるというのはなかなか経験できないことである。その意味では入場料の元は取った感じはする。

我々が訪ねた梨園は新京成の駅から徒歩圏にある広大な敷地である。
億万長者である。

観光梨園は片手間でやっているのだろう。

それほど渋滞に巻き込まれず、往復できたので、短時間だったが、結構楽しい休日だった。
スポンサーサイト
別窓 | 雑感日記 | コメント:1 | トラックバック:0 | ↑top
<<娘のアカチャンの頃の写真を見る | 日々の雑学 | 目を疑う株価>>
この記事へのコメント
その、梨畑に囲まれた県立高校で3年間を過ごしました。

高校時代に梨狩りへ行くことはありませんでしたが、
子供の頃、家族で市川市内の梨園に何度か行きました。

梨って冷蔵庫で冷やした方がずっとおいしいですけど、
もぎたては、あったかくても果汁がじゅるじゅるっと出てきておいしいんですよねー。
2008年10月13日(月) 00:04 | URL | おもてべ #-[ 内容変更]

↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| 日々の雑学 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。